fc2ブログ

    弁護士の「低処遇」を正当化する発想と論法

     志望者の目線で考えた時、少なくとも「改革」によって離れていった彼らを取り戻すために提示すべき尺度は、業界内外で良く聞かれてきた「食えるか食えないか」でも「就職できるかできないか」でもなく、「より処遇され得るか否か」ではないか、と書いてきました(「『改革』の失敗から見る弁護士『就職難』解消説」)。

     経済的時間的あるいは労力的な先行投資を考えれば、それに見合うようなリターンが期待されても当然ですし、法科大学院という「改革」が導入した新プロセスも、それが乗っかっていた法曹人口の激増政策も、当初、その期待を実質的に軽視した。その結果が、志望者離れとして表れたといえます。

     また、そもそも長年、弁護士という仕事は、そういうイメージのものではなかったということも無視できません。前記のようなレベルの尺度とはイメージとして無縁の仕事であり、志望者の多くも、そうした尺度でこの資格試験にチャレンジしたわけでもない。逆に言えば、それがいかに難関で、辛い道のりであろうとも、多くの志望者がチャレンジしていた、この資格の実績と、この現実は切り離せないはずなのです。

     ところが、この業界には、どうもこうした捉え方に立とうとしない方が依然として沢山いるように見えます。有り体にいえば、「食えるか食えないか」というレベルで志望者(予備軍)に語りかけることに全く抵抗がない。その尺度で、「食える」とアピールすれば、志望者は戻って来る、という発想です。

     そして、さらにそのニュアンスは、前記したような従来のような発想ではない、前記レベルの尺度で、この世界を選ぶ人間を、業界は、より歓迎していると聞えるのです。

     ここで奇妙に登場しているキーワードは、やはり「やりがい」であるといえます。つまり、弁護士という仕事の特別な「やりがい」を前記レベルの尺度に加算し、それで納得してこの世界にチャレンジする志望者がいる(はず)、いや、むしろそういう人材に来てほしい、と。

     まさにそれを言ったといえる、元日弁連会長の「バランスシート」発言(「『やりがい』強調が映し出す現実」)や、増員推進派から聞かれた「年収300万円」志望者待望論(Schulze BLOG)、さらには業界では有名な、いゆゆる「成仏理論」(「弁護士『成仏理論』が描き出す未来」)に、基本的につながっている発想とみることができます。

     なぜ、こういう発想が、こと弁護士という仕事をめぐり、さかんに言われることになっているのでしょうか。こうしたことを唱える弁護士らが、自らがこの世界に来た時には、疑いもしなかったであろう前記「処遇」の尺度を棚に上げている点。そして、もう一つはそれを見事に破壊した「改革」の失敗の現実を、この発想が覆い隠そうとしている点。それらにおいて、彼らにとって、これは都合のいい、弁護士の「処遇」を低く見積もることを正当化する論法です。

     それをあるべき弁護士像につなげ、志望者に提示している、といえますが、逆に言うと、弁護士の「処遇」を低く見積もる論理を導き出すために、あるべき弁護士像を規定しているようにもとれます。

     そして、さらに付け加えれば、これは弁護士利用者を考え、彼ら利する発想とも必ずしもいえません。低処遇と「やりがい」に納得してこの世界に来る人材も、もちろんいるかもしれませんし、その人が利用者にとって有り難い、良心的で的確な成果を挙げることもあるかもしれませんが、適切な「処遇」を受け、あるいは経済的余裕のある弁護士よりも、利用者にとって有り難い存在になるという合理的な理由はどこにもありません。

     弁護士について、よく言われてきた「敷居が高い」(「気遅れ」を理由とする点では誤用のきらいもありますが)の解消を期待するのも筋違いです。経済的余裕があるから、それにあぐらをかくという人もいるかもしれませんが、経済的余裕のなさはサービスの実質低下につなげざるを得ないこともありますし、彼らが納得し、充足される「やりがい」があったとしても、それを単純に利用者利益に結び付けるというのは、いかにも彼らに都合のいい捉え方です。

     そもそも自らが自らの価値観で導き出す「やりがい」を、いかに業界の先輩が仕事を魅力を紹介するという体で言っているとしても、それを自覚できる人材が望ましい、来てほしいとまでいうことになると、必要な能力や心構えなどの指南とは異質のものを感じてしまいます。

    「法テラスをどうにかして変えようとするより、法テラスに関わらない方が簡単だよね。あまねく法の支援をって言うけど、私人である弁護士の経済的犠牲の下に成り立っていい制度ではない。コロナに伴う医療従事者問題もそうだけど、国は専門資格者を蔑ろにしすぎだし、職業的良心に期待しすぎ」(「ついぶる」氏のツイート)

    弁護士の仕事と「処遇」の現実を直視するならば、弁護士は「やりがい」より、もっと社会にも志望者にも言うべきこと、伝えるべきことがあるはずです。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    No title

    国税庁統計によれば、弁護士は赤字層が一番多い。次に70万以下。生活保護水準が約4割。
    法テラス契約弁護士は、約5割。
    経済的に苦しい人のお世話を、経済的に苦しい人がする、という構図。

    No title

    若手弁護士から…(略)
    http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52270399.html

    魅力ある司法を実現する会については
    https://miryokuarushiho.com/
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR