fc2ブログ

    弁護士の多様性を支えるもの

     今回の司法改革が始まってから今日まで、弁護士の多様性、とりわけ、この「改革」の表向きの目的に引き付ければ、利用者市民にとって有り難い多様性とは、一体、何なのかということを度々考えさせられてきました。そして、今、思うことは、弁護士の多様性を支える、あるいは支えてきた一番の要素は、結局、経済的な余裕ではなかったのか、というところに行き着いてしまうのです。

     需要の多様化、高度化をにらみ、それにこたえるような多様な法曹の必要性を、新法曹養成制度の先にも、増員政策の先にも描き込んだ「改革」でしたが、弁護士について、皮肉な見方をすれば、それによって失われた経済的な余裕のために、実は利用者市民にとっては有り難かったはずの弁護士の多様性も失われたのではないか、ということです。

     「改革」論調の中では、この経済的余裕が、逆に弁護士が多様な活動へ向かうことの、足を引っ張っていたような捉え方ばかりが強調された観がありました。「あぐらをかいていた」という表現を、弁護士からも自省的な自覚の中で度々聞きましたが、本来、弁護士が市民に対して可能な法的なサービスにチャレンジする意欲が、あたかもこの経済的余裕の上に、安穏とすることで、失われてきたというイメージになります(「弁護士資格『あぐら』論の中身と効果」)。

     そして、増員政策によって弁護士が経済的に追い詰められることで、または競争状態に置かれることで、そうしたチャレンジをする意欲も、工夫も生まれるというのが、ざっくりとした弁護士の多様性につながる「改革」の描き方ともいえます。

     もちろん、一部メディアでも紹介されてきたように、そうした「改革」後世代のチャレンジは存在しています。ただ、その一方で、かつての弁護士たちが一定の経済的余裕のなかで、恒常的に手掛けたり、チャレンジできた非採算部門の活動もありました。人権分野をはじめ社会的意義を持つ活動を、純粋に自分が弁護士になる意味に被せ、それを現実化できる環境が与えられる。かつて経済的自立論なとどいわれた、そうした弁護士の環境と方法論によって、今よりも自由に多様性を選択できた面があったのです(「『経済的自立論』の本当の意味」 「弁護士のプロボノ活動と『経済的自立論』」)。

     有り体にいえば、経済的に余裕がないということは、生きていくことをより優先させることで、いくら高い志があったとしても、当然「やりたくてもできない」、少なくともかつてよりも格段に制約される、という現実を突き付けることを意味します。さらにもっといってしまえば、否応なく、その関心自体もかつてよりも経済的な安定、それを支える採算性に割くことを余儀なくされます。

     こういう話をすると、必ず弁護士界外には、「いや、もともと弁護士はそんな人間たちばかりではなく、多くがビジネスと割り切り、採算性を追求している。彼らを目覚めさせることが必要なのだ」として、そこにまたぞろ利用者にとって有り難い多様化が生まれて来るようなニュアンスで語り始める人たちがいます。

     さらにいえば、当時の弁護士会内の「改革」主導者までが、採算性の制約のうえに弁護士を公的活動に向かう形を、あるべき論のように描いていたわけですから、弁護士の中にも「改革」前の弁護士を、どうしても「あぐら」論で括りたい方がいたのだと思えてしまいます(「『事業者性』の犠牲と『公益性』への視線」)。

     本当に他は見向きもしないような拝金弁護士もいたとは思いますし、前記したように「あぐら」をかかせない、経済的に追い詰められた「改革」がもたらした環境の中で、弁護士が進出した分野もあったのは事実です。ただ、その一方で、あるいはかつて仮に少数であったとしても、前記のような自分の問題意識で「あぐら」をかかずにチャレンジした人、余裕があればもっと活動を広げた人の損失、さらにもっと広い層にわたって採算性を意識せざるを得なくなり、あるいは「改革」の現実を割り切ることで、よりシビアにビジネス化する「権利」を掲げる弁護士の登場を含めて、新旧の状況を秤にかけるべきなのではないか、という気がしてならないのです(「弁護士『多様性』後退という結果」)。

     むろん「改革」である以上は、とりわけ「市民のため」を標榜した弁護士会にとっての「改革」であるならば、それがもたらした環境のメリットと成果は、失ったものの犠牲を上回っていなければならないはずです。

     「改革」後に開かれた、弁護士会などが主催した市民集会に参加していた市民に度々、「弁護士は変わったか」「改革の利を実感できているか」という質問をぶつけて来ました。その返答の中で、意外なほど多かったのが、おカネに絡む警戒感をはらんだものでした。ベテランを含めて、弁護士が顧客のカネに手をつける形の不祥事が多数報じられていることもありますが、弁護士が増えて利便性が増すという期待感や満足感よりも、明らかに経済的余裕のなさによる拝金化、ビジネスと割れ切る方向への懸念が上回っているようでした。

     各分野でチャレンジし、市民から感謝されている弁護士ももちろんいるでしょうし、そうした方々には申し訳ない話になりますが、ただ、全体を見た時にどうなのか、ということもさることながら、そもそも「改革」が失わせたものを、ストレートに「改革」の評価としてフェアに換算しない現実があるように思えてならないのです。

     業界内では、「今さら」で片付けようとする空気もありますが、本来はこの「改革」を主体的に望んだわけでも、旗を振ったわけでもなく、頭からしがみつく意味もない利用者市民の方が、純粋にその結果と実感から、弁護士の多様性をめぐる現実を見抜ける、あるいは見抜いているような気がしてなりません。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    https://twitter.com/Dj3ArtBq/status/1528870967082004480
    >ご紹介。
    >「司法制度改革は弁護士のジェンダー差を改善したのか?」(PDF:699KB)
    日本労働研究雑誌 2020年9月号(No.722)|労働政策研究・研修機構(JILPT)

    No title

    基本的に世の中は平和なので、弁護士に依頼することがないのですよ。
    平和でないところ、例えばウクライナのようなところにはロシアのやったことを検証するための検察官役は必要なのですが、弁護士の出る幕ではない。

    No title

    >弁護士の多様性を支える、あるいは支えてきた一番の要素は、結局、経済的な余裕ではなかったのか

    余裕が多様性を生むというのは弁護士だけに限った話ではなく国民全体に言える事。余裕があれば問題にしなかったことも、余裕がなくなってくれば自分が損をしているのは誰のせいかと考え始めるもの。
    特に裁判関係は自分の権利や損害を少しでもたくさん取り戻すという感覚が多いので、そもそもサツバツとした考え方に傾いてしまう(クライアントに引きずられる)のは仕方ない。
    金の問題もさりながらそもそもメンタルに来る仕事だよね。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR