fc2ブログ

    「食えるか食えないか」論の射程

     弁護士が「食えるか食えないか」というテーマをいまだに経済誌(週刊東洋経済9月9日号)が取り上げている現実に、改めて二つの意味でやや奇妙な気分に襲われました。一つは、延々とこのテーマが記事の切り口として、通用すると見ているメディア側の捉え方に対して。もう一つは、このテーマをこれまた延々と被せられている弁護士界に対して、です。

     メディアの視点で考えれば、そもそもこのテーマには、「改革」がもたらした弁護士というエリートの経済的異変、あるいは「没落」という、意外性をともなった現実を取り上げるバリューへのヨミがべったりとくっついています。そのうえで、「食えている」あるいは「食えそうな」のは、どういった弁護士かといった、非常に漠とした基準の話が延々と繰り返されているのです。

     そもそも単純な話、何をもって「食えている」と考えたり、考えなかったりするかは、個人の事情や思いによるとしか言えません。処遇としてどこまで遇されるのが妥当か(業務を存続する気持ちを維持できるか)という話なのか、それとも本当に「生活できるかできないか」(我慢にも限度がある)という話をしているのか――。

     このテーマが話されるとき、これまでもどうもそれは人によって違うというか、そこが曖昧で、何やら後者のニュアンスで、「まだまだいける(はず)」という話が、前者の現実を抱える当事者の感覚とずれているのも、しばしば見てきた感があります。

     正直、前記経済誌の記事の内容にも、目新しいものがない印象を持ちました。「食える」「食えない」両方の声がある弁護士界、弁護士急増による年収中央値の落ち込み、企業内弁護士の増加、「食える」「食えない」の二極化、「出世」を目指すならば大手か、中小事務所ならば専門性を磨くか、ワークライフバランスを重視する若手に企業内弁護士が定着化――。

     このブログでも、このテーマとメディアの反応を取り上げていますが、疑問形で語られ続けるこのテーマをめぐる状況も、それに対するこちらが感じることも大きく変化していない。むしろそのこと自体にこだわってみたくなってくるのです(「『食えるか食えないか』というテーマの前提」 「弁護士『食えない』論をめぐる視点」)。

     以前も書いた通り、このテーマには、言うまでもなく、被せられ得る異なる三つの視点があります。現職の弁護士の視点、これから弁護士になることを検討対象に入れている志望者の視点、そして、弁護士利用者の視点です。現職からすれば、このテーマは、当然「生き残り」や「生計維持」の問題であり、今後の事務所経営方針の転換や、場合によって転職まで視野に入るもので、志望者の立場からすれば、「職業選択」という問題に直結します。

     ただ、メディアに限らず、このテーマの取り上げ方で、ある意味、一番そのスタンスが不透明になるのは、三番目の利用者の視点です。前記経済誌の立場からすれば、一番目、二番目の視点につながる現状レポートが、彼らと接する、あるいは恒常的に彼らを「使う」企業やビジネスマンにとって、参考になるとか有利になる材料を提供しているといった意味で、三番目の視点につなげている、ということになるのかもしれません。

     しかし、このテーマが取り上げられる全体を俯瞰すると、およそ一般の利用者にとってどういう意味を持っているのかが、語られません。有り体にいえば、弁護士が「食えない」、あるいは「食えない」弁護士がこれまでになく増えると、一体、一般の利用者には、どんな影響が跳ね返ってくるのか、ということが、延々とこのテーマが取り上げられながら、(経済誌にそれを求めるかどうかは別として)相変わらず語られない現実が、一方で存在するのです。

     「食えない」弁護士がどうなるのか、について、競争・淘汰を肯定する形になった「改革」の発想からすれば、それはすごすごと市場から退散する存在と描かれているようにもとれます。しかし、現実は違います。もちろん早々に転職する人もいるでしょうが、それが難関とされ、かつ、「改革」後は先行投資している資格業だけに、当然のことながらなんとかしようとするでしょう。

     そのなんとかは、必ずしもこれまでの弁護士が提供してきたものを変わらず維持するものとはいえません。非採算案件を扱うことを減らしたり、止めたりせざるを得ない場合も考えられ、利用者からみたら、サービス内容が低下することも考えられますし、弁護士主導とならざるを得ない関係性の中では、残念なことに不祥事によるリスクも現実的には高まることも考えられる。しかし、少なくとも前者については、弁護士を責める話ではないし、後者については、例えば弁護士会に全責任を負わせてなんとかなるとみるのも、現実的でない。

     弁護士が増えても、中には「食えている」人がいる、とか、「まだ弁護士は大丈夫」とか、「こういう分野に将来性がある」といくら語られても、これまで弁護士が一定の経済的余裕の中で支えてきた部分が、どうなってしまうのか(どうなってしまっているのか)については、延々と語られない現実が存在しているのです(「『手抜き』という当然の展開」)。

     最近の傾向として、前記経済誌の記事にも若干触れられていますが、「意外と食えている」論ともいうべき弁護士の経済的回復と、経済的苦境論をまるで「誇張」のように言う論調が、台頭してきています。しかし、そうした現状認識が、どこまでの広さについて、どこまで現実を反映したものかもさることながら、本来「改革」の評価にも直結するといっていい前記利用者への本当の影響が語られていないことに、もっと目が向けられていいように思うのです。


     弁護士の経済的な窮状の現実についてお聞かせ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4818

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    お金と時間費やし法律家へ、コストに見合うか? 弁護士500人が考えた法曹養成(2)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/00201088614b206400289126cfc7553a3286924c

    >新制度以降、メディアでは弁護士過剰や収入減が強調されがちですが、収入への直接的な不満は少数でした。

    実際の声ってそんなものではないでしょうか。周りが面白おかしく記事にするだけで。

    No title

    食えるか食えないかなどという議論がなされる時点で、まだ牧歌的な業界だと思わねばならないと思います。自由競争社会では「食うか食われるか」です。公正な競争がなされれば、社会にとって利益となる。経済界が弁護士をそうした市場経済の原理に組み込んだ以上、消費者はそのツケを負わねばならないのです。新鮮な野菜の見分け方と同じくらい、いい弁護士と不祥事を起こすような弁護士の見分け方を知っていなければならないのです。

    No title

    我が国全体の経済が冷え込んでいる中のことなので仕方ないんじゃないでしょうか。確実にコスパが良くて喰える資格があればそれに食いつくのは人の性でしょうし弁護士はそれでもまだ更新がない資格なので恵まれているでしょう。

    後は戻りたい時に戻れる業界であればいいと思いますがね。医者はともかく弁護士はそこがネックになる。パソコンさえあれば開業できるかといえばそうでもない。

    No title

    廃業費用や転職問題を抱える先生方が残り、余裕のある層が退会しています。
    全体としては、弁護士人数の増加傾向もほぼ止まりました。2022年から2023年の増加数は800人程度、20年前の水準です。減少に転じるのも、近いようです。

    弁護士人口推移 1950年から2022年
    https://www.nichibenren.or.jp/library/pdf/document/statistics/2022/1-1-1.pdf
    2022年5月31日 44101人

    2023年9月1日現在 44818人 同年4月1日と比較すると、5か月ほどで150人近くが辞めていることがわかります。
    https://www.nichibenren.or.jp/library/pdf/jfba_info/membership/members.pdf

    2023年4月1日現在 44961人(日弁連HPからは消されているので、waybackmachineで復旧しました。)
    http://web.archive.org/web/20230507131959/https://www.nichibenren.or.jp/library/pdf/jfba_info/membership/members.pdf

    最近、給食センターが突然倒産して多くの人が困る、という現象が起きています。
    適正な対価が払われない限り、公益性が高かろうが何であろうが、どのような業界であっても、そうなります。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR