fc2ブログ

    意見表明問題を抱える弁護士会のスタンス

     ある意味、強制加入団体としての宿命ととるべきなのかもしれませんが、弁護士会はその対外的な意見表明の妥当性、正確に言えば、会員間でその内容について意見が分かれる案件について、弁護士会として対外的に意見を表明すること自体を強制加入団体の立場として問われるという問題を、ずっと抱えてきた団体です。

     かつて弁護士会外の人間にこの現状について話すと、この状況は「弁護士らしい」というニュアンスの言葉が返ってきました。弁護士という職能のイメージからして、それこそ自分の思想信条に反するような所属弁護士会の意見表明に束ねられるようなことには、おいそれとは納得しないだろう、といった見方があることを、それは伺わせました。

     そして、このことを思い出すほどに、このテーマで弁護士の口からよく聞かれてきた「実害」、死刑廃止など弁護士会の意見表明を知った顧問先から「先生も同意見ですか」と言われた、疑われた、というエピソードにも、あるいは弁護士としての、とりわけ強い拒絶感がそこにあるのではないか、といったことを加味して見てしまうようにもなったのです。

     ただ一方で、ここでも度々取り上げてきたことですが、この問題に対する弁護士会の取るべき基本的な姿勢は既に明らかであるともいえます。基本的には司法判断でもあるように、弁護士会の意思表明と個人の思想・信条は、完全に切り離されているという立場です。

     そうでなければ、会員個人の異論の存在や、意思統一ができないことをもって、意思表明の手続きに乗ってきた多数意見をもってしても決せられないということになったり、執行部や委員会独自の意志表明もできないなど、弁護士会に課せられている弁護士法1条の使命を果たす活動は大きく制約される可能性があるからです。

     「政治的」という言葉が被せられ、強制加入団体の弁護士会としての適格性を問う「あるまじき」論も時に会内から出されますが、「政治的」なことが目的でなくても、「政治的」とされる「人権」にかかわるテーマはあります。「人権」にかかわる問題である時に、それに取り組もうとする弁護士会が「政治的」という批判を浴びる度に、あるいはそれが政治的な団体の主張と方向が同じとされる度に、その都度沈黙する団体でいいのか、という問題もあるはずです(「弁護士会意見表明への内部批判がはらむもの」)。

     こう考えると、弁護士会がこの問題でやれることに、それほど多くの選択肢はないように思えます。つまり、前記基本的姿勢に忠実に、「切り離し」論を、会員にも社会にも周知徹底化する(会員の総意であるような誤解を生まないようにする、まして効果を偽装しているようにとられないようにする)か、より案件によってこれまで以上に会員多数世論を踏まえた政治的な判断をするか。そうでなければ、もはや異論側の意見に沿って、前記活動制約の方に大きく舵を切るか(案件によって表明母体を有志に移行させる)か。

     ところが、というべきかもしれませんが、現実的にはこのテーマについて大きな進展はみられない。というよりも、むしろ異論を持つ会員はより増え、その意識の距離も広がっているように見えます。それはなぜなのか――。

     元草津町町議が、町長からの虚偽の性被害の告発をしていた問題で、元町議側を支援していた団体が東京弁護士会の「人権賞」を受賞したことへ、会内から異論が噴出し、会員が同弁護士会に対する公開質問状の賛同者を募る事態に発展した問題は、予想外の展開となりました。会執行部は、この賞の授与を撤回するにしてもしないにしても、あくまでその適格性だけを問題にするものと思ったからです。

     ところが、会執行部は選考結果を覆さない、会員の意見が分かれている部分についても人権に寄与する意見は表するとの考えとともに、次のような趣旨の説明をしたことが、物議をかもしました。つまり、この賞の受賞者は、選考委員会がしたものではなく、東京弁護士会として当該団体の活動を是とするものではない、と。

     これは前記したような弁護士会の意見表明と会員の意思の問題に対する向き合い方からは、大きく逸脱するものともいえます。むしろ会として、意見を背負わないという話なのですから。前記公開質問状の発起人の弁護士はX(旧ツイッター)でこう述べました。

     「いくら選考委員会の判断を尊重すると言っても最終的には会長決済で東京弁護士会の名前で賞を出すものを『東弁の立場ではない』という主張はさすがに無理がある」

     「人権賞」について紹介する東京弁護士会ホームページの文面を見て、執行部の前記したような言い分として理解する市民がいるとも到底思えません。およそ弁護士会の名を冠したものが、こうした本質を持つということになると、根本的に市民はその重みをどうとらえるべきか混乱するばかりか、いまや「名義貸し」と受賞団体の悪用の危険といった論点までささやかれ始めています。

     改めてこのことを前記してきたような弁護士会の意思表明と会員の異論の問題に引きつけてみると、二つのことを感じます。

     一つは、今回東京弁護士会が示した姿勢は、それそのものが会員にも市民にも理解され難いだけでなく、前記したような弁護士会名義の意見表明を個々の会員の意見とは別個のものとして存在し得るということを社会にも、会員にも周知する、という方向への理解をむしろ遠ざける可能性があること。

     そして、もう一つは、前記したような二つの選択肢、つまり会員や社会に対して、弁護士会名を冠しながら個別会員の意思とは切り離すことにも、会員世論を汲みとり、一定の政治的配慮を示すこと、そのどちらについても、現在の弁護士会執行部の姿勢は、会員や世論をにらんだ徹底したものになっていないようにとれること。

     司法改革による経済的打撃が、高い会費とともに弁護士自治の現実への厳しい目線が向けられることになったことも一因となっているとみられる、会員の異論の高まりの前に、新たな展開がみられない、この問題の現状には、こうした弁護士会の現実が横たわっているように見えてくるのです。


     弁護士自治と弁護士会の強制加入制度の必要性について、ご意見をお聞かせ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4794

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    こっちの東弁の意見表明は逆に大歓迎!よくやった!状態ですよ

    『ジョジョの奇妙な冒険』作者・荒木飛呂彦氏、東京弁護士会の公式キャラ選考委員に
    https://togetter.com/li/2294410

    No title

    手に取るなやはり野におけ弁護士会、ということではないでしょうか。
    もともと在野のギルドであるにも関わらず、強制加入団体であるというところに矛盾があるんですよ。弁護士会には弁護士推薦委員会があって、お茶くみ雑巾掛けの会務を一生懸命やっている人から順に公的な仕事を割り振ります。本当に優秀な人材は弁護士会などには目をくれず、目の前のクライアントのために実力を磨いているのに、せっせと先輩弁護士にゴマをする無能な弁護士たちが要職に推薦され、長年経つと天皇陛下から褒章をもらう(これも弁護士会の推薦)ものだから、市民はたまらない。
    弁護士自治なんてとっとと撤廃して、第二、第三の日弁連をつくるべきです。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR