fc2ブログ

    日弁連会長選結果が投げかけているもの

     日弁連会長選挙の投開票が2月9日行われ、いわゆる主流派候補とされる東京弁護士会の渕上玲子氏が、次点の反主流派候補である千葉県弁護士会の及川智志氏に約7200票の大差をつけて当選しました。得票数は渕上氏11110票で、45弁護士会で最多得票を獲得、及川氏は3905票で最多会は7会でした(令和6年度同7年度日本弁護士連合会会長選挙 開票結果仮集計表)。

     2020年、2022年と主流派が割れる選挙が続き、今回は主流・反主流の一騎打ちに戻った選挙でしたが、投票率は前回を10ポイント下回り、33.2%。これまで最も低かった1981年に行われた谷川八郎会長(当時)の補欠選挙(37.6%)を含め、1975年に直接選挙制が採用されて以降、過去最低の数字となりました。

     前回2022年以降の会員増で、今回、日弁連は選挙人数を2750人増やしながら、投票総数では逆に3382人減らしています。投票率が50%を超えた弁護士会は前々回41会、前回の32会からさらに減り、今回は18会に止まり、各年の候補者の出馬状況の違いを差し引いても、会員の日弁連会長選離れが加速している印象は拭えません。

     一方、及川氏は過去3回の連続出馬でしたが、最多得票会を3会、5会、7会と延ばしています。主流・反主流という構図でみても、過去2回が3者以上の出馬があった選挙だったとはいえ、及川氏の投票数に占める割合は、前回の18.9%(主流派候補合計80.4%)に対し、今回は25.7%(渕上氏73.1%)となり、じわじわと支持を延ばしてきているようにもとれます。

     渕上氏に関しては、当選すれば、初の女性日弁連会長、法曹三者でも初の女性トップということが、結果として選挙期間を通じて話題となり、当選後の日刊紙等の報道もそこに注目するものとなりました。しかし、選挙そのものの争点で、何が決め手になったのかという捉え方はしにくい選挙ともいえます。

     そもそも日弁連会長選挙に限ったことではありませんが、一方の候補者や有権者(会員)側にとっては争点とすべきという欲求がある事柄でも、一方候補者が投票結果をにらみ、いわば当落への影響が少ないと考えれば、候補者によって争点化されないということは、当たり前のように起きます。もちろん、当落に影響しないということ自体、有権者側の意思の反映(そこまでの問題意識がない論点)ということで片付けられることになりますが、投票行動全体を見なければ、底流にどのような有権者会員の意思が存在しているのかを見落とすことになりかねません。

     事前に争点化も予想された、いわゆる「本人サポート」問題(「『本人サポート』への懸念」)でしたが、蓋を開ければ、結果はそこまで争点化はしなかった、という声が聞かれます。しかし、及川氏は弁護士や当事者にとってのリスクを指摘し、提供しない立場を鮮明にし、問題となっている「実質サポート」も「弁護士の本来業務の安売り」という問題視したのに対し、その論点に正面から応じることなく、基本的に肯定的な立場を示しています。

     弁護士増員に関しては、司法試験合格者数年間1500人以上という政府見解を日弁連が事実上追認し、「さらなる減員を提言する状況にない」としていることに関して、及川氏は日本が人口減少するなか、毎年1000人余りの弁護士が増え、5年後に50000人を超えることへの危機感を示し、同合格者年間1000人以下を目指すべきとしました。裁判所の新受件数の大幅減の現実、中長期的な弁護士の需要見通しの必要性にも言及しています。

     一方、渕上氏は、前記日弁連方針を肯定し、法律事務所での採用難、活動領域の拡大、志望者減に対しては法曹の魅力発信の必要性といった、従来、主流派候補から聞かれた主張が繰り返されました。

     こうした対立がありながら、争点にならなかった(争点化しなかった)点を含めて、選挙結果から現実の日弁連の方針や在り方は会員に追認された、それが「総意」とみることができる、としてしまえば、話はそこで終わります。ただ、少なくとも投票数の4割を占める及川支持票に示された会員意思もさることながら、もはや50%を大きく下回っている投票率を前にしても(未投票は単純に追認票にカウントし)、そう片付けることが妥当といえるのでしょうか。

     俯瞰してみると、この選挙で問いかけられているものは、弁護士の「生活」なのではないか、と思えます。従来から掲げられてきた日弁連の「べき論」だけではどうにもならない現状に対して、反主流派の側から掲げられた弁護士の仕事と生活を守るという視点、その危機感が、いよいよ無視できないところまできている。そのことこそ、この結果から読み取るべきなのではないでしょうか。

     いよいよ会長選挙にあっても、日弁連がそういうことを無視できなくなる時代がもうすぐそこまで来ていることを予感させる選挙であったようにとれるのです。 


     弁護士自治と弁護士会の強制加入制度の必要性について、ご意見をお聞かせ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4794

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    棄権が多いのは仕方ない。

    主流派は従前の継承。
    反主流派は10年ほど前のデータを主張の柱の一つとしており、政策立案実行能力に疑義注記。
    これでは、どちらも選べない。

    No title

    辺境ではなく現実に都合の悪い候補者としてそもそも選挙自体話題にならないのかと。
    以前日弁連選挙にお金がかかるのが本当に大変だと及川候補仰っており、主流派としては干上がるのを待つだけなので簡単な……おっと誰か来たようだ

    No title

    宮崎県弁護士会では、41対40で及川氏が渕上氏に勝っています。当会で及川氏に投票した人は、皆、自分の1票で彼を勝たせたと思っているでしょうね。私も含めて。
    まあ、辺境の宮崎県のことは話題にもなりませんが。

    No title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1129622e5a1fc4ee0ce0f1d0c341b543b20d54fa
    「日弁連の新会長に初の女性 渕上玲子氏、公約に「夫婦別姓の実現」

    法曹三者で初の女性トップ、かつ公約も大きいのであれば政治的にインパクトも大きいかもしれません。成功すれば。

    No title

    依頼者市民で行われる普通の政治家を選ぶ選挙ですら投票率は低いので
    >投票率は前回を10ポイント下回り、33.2%
    は仕方ないでしょうが、これは弁護士という職業柄、団体としてまとまりにくいという特性ではないでしょうか。
    そもそも統治者など必要がない、在野の一匹狼であるという気持ちがそうさせるのかも知れません。その秘密を探るべく我々はアマゾンの奥地に……。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR