fc2ブログ

    変わらない「魅力発信」必要論の現実

     「弁護士の魅力発信」の必要性を、志望者減や「有意な人材」確保の対策としていう声が、いまだに弁護士会の中で聞かれます。最近は、法教育の必要性とつなげて、どうもその中で、その「魅力」を早くから志望者予備軍に周知させるべき、とする形を描いている方もいるようです。

     この話をする度に、毎回、同じ前置きをすることになりますが、弁護士・会が自らの仕事の魅力を発信したり、その努力をすること自体は、やるに越したことはないで終わる話かもしれません。しかし、問題は前記したように、それが志望者減や有意な人材確保の「対策」という文脈で、その軸として語られているところです。

     こんな言い方をしたならば、お叱りを受けるかもしれませんが、ある意味、志望者減や「有意な人材」確保という現実的な課題に対して、少なくとも弁護士会主流派の側から聞こえて来る「魅力発信」の必要性は、「対策」としての、むしろ手詰まり感を晒しているようにすらとられてもおかしくありません。

     弁護士の志望者減の原因も、現状での有意な人材確保にも、「改革」がもたらした弁護士の経済的環境の悪化を抜きに語ることができないのは、誰の目にも明らかです。一方、「魅力発信」の効果に期待する発想とは、志望者の認識不足解消の「効果」を前提としています。志望者予備軍や「有為な人材」とされる人たちが、弁護士の隠れた「魅力」、活躍の場ややりがいの存在を知れば、必ずやこの世界の門をたたく「はず」というものです。

     もちろんそういう部分も無いわけではないと思いますが、これでなんとかなる、なんとかしていく、という見通しは、本当に現状を直視し、状況を現実的に大きく変える効果があるものととれるのでしょうか。つまり、有り体にいえば、肝心の志望者を遠ざける最大要因であるはずの経済的実情を脇において、なんとかしようとしている発想の限界が、むしろ明白というべきではないでしょうか。

     もちろん、弁護士にはこんな経済的な魅力、妙味がある、ということであれば、話は別かもしれません。しかし、あえていえば、それは「こんな仕事もある」とか「こんな仕事で生活している弁護士もいる」という紹介では、足りないのもまた明らかです。もとより他の仕事の選択肢かある志望者予備軍や「有意な人材」が、かつての弁護士に求めたような、ふさわしく処遇される現実感がもてるものでなければ意味がありません。

     しかも、法科大学院制度の導入による先行投資を考えれば、よりリターンを期待できる処遇を念頭におくのも当然です。手詰まり感といったのは、そうした志望者側がこの資格に抱く、あるいは抱いてきた期待感を考えたとき、弁護士側から出される有効策は、果たして彼らの認識不足を前提としたような、「こんな仕事もある」的な魅力発信なのか、ということを率直に感じてしまうからなのです。

     こういう話をすると、必ず「やりがい」ということの価値を強調する人がいます。しかし、前記した状況を考えれば、それが志望者に伝わる「効果」をどのくらい見積もるのか、という話になります。また、経済的に成り立っているというイメージで伝えられるものもありますが、多分に生存者バイアス的にとられることを考えれば、それもまた、その「効果」を相当差し引く必要も出てきます。

     つまり、何が言いたいかと言えば、根本的な問題は、志望者や有意な人材を遠ざける最大の原因を作った「改革」の増員と法科大学院を中核とする新法曹養成制度の失敗を直視せず、それに手を付けずに、なんとかするという、ある種、無理な考えが、この「魅力発信」の必要性の強調には、今もってべったりと張り付いているようにとれることなのです(「弁護士『魅力発信』必要論の本音と『効果』」)。

     弁護士会のとりわけ主導層側から、このことが強調されはじめたのは、まさに「改革」の失敗と、その影響が出始めてからです。既にそれからも随分時間が経過しましたが、これまでにその「魅力発信」の効果は、どのくらいあったといえるのでしょうか。

     少なくともそれが、志望者と、さらに「有為な人材」の、この世界に対する経済的不安や期待を超えて、彼らを再びこの世界に引き付けるものになり得るのか。そして、何よりもなぜ弁護士は、自ら魅力を発信しなければならなくなってしまったのか――。それを、まずは冷静にとらえる必要があるはずです。


     今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

     司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    法学部不人気は別のところに理由があるようです
    https://togetter.com/li/2347580

    No title

    主観的な「ちゃんとやっている」の結果が、法学部不人気・偏差値低下・定員割れなんですが・・・。

    No title

    そんな悲観的なことを言わんでも
    「リーガル女子」の仕事紹介
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f7243c97a5d23fe69fa502f14fcd227618cb8bc0
    などやっているところはちゃんとやっていますよ

    No title

    みなさん子育てされてないのでしょうか。
    今日日は小学生から職場見学が行われ、中高の探求授業では社会人を招いたり職場を訪問したり適性試験を受けたりしています。
    そのため、普通に学校に行っている子らは、そういう積み重ねで大学の学部や大学院、専門分野を決めます。
    付け焼刃の魅力発信では、誰も引っ掛かりません。「でもしか」がいいところです。

    最近は経済的妙味もいわれます

    最近は、若手中堅中心に、弁護士は儲かる!という主張もSNSででてきており、主流派がこの主張を利用しつつあるのではないかと思います。
    失敗するのは無能なやつだけだ、という烙印を押そうとしているのではないかと危惧しています。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR